読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

朝から始めよう!朝活@長野

与曽井といいます。月1回、長野県は松本・塩尻市で開いているローカル朝活の紹介・告知をしています。地元の方、朝活に興味がある方どうぞどうぞ^^

2月19日(日) 第67回 朝活@長野 「タイムマネジメント」

こんにちは、主催の与曽井です。

先日、満を持してPS4を購入しました。以前からプレイしたいゲームタイトルがあったのですが、初回発表から待つこと5年?昨年末にやっと発売された作品です。家族で一喜一憂しながら楽しんでます。

さて、2月の朝活@長野ご案内します!

今回の朝活は、東京から特別にプレゼンターの方がお越しいただきます。

岡田望さん。ご自身も都内の朝活サークルを主宰されていて、何ヶ月かに一度お越しいただいては、面白いテーマで話をしてくださいます。2月19日を楽しみにお待ち下さい^^

___________________________

タイトル:タイムマネジメントについて

発表者: 岡田 望

概要:
「今日が人生最後の日だとしたら、今日やろうとしている事を本当にやるだろうか?」という スティーブ・ジョブズの名言があります。

人生において時間は有限です。時には自分の気持ちをじっくり見つめた上で、重要な事に時間を使えているのか、自身に問いかけてみても良いかもしれません。

「Time is money(時は金なり)」の言葉でも有名なベンジャミンフランクリンの実例などを元に、著名人が時間をどう捉えていたのかを紹介します。

また、あなたの"今の時間の使い方"の状況がわかるワークショップを通して、仕事でもプライベートでも、成果に繋がるタイムマネジメントの方法について意見交換したいと思います。

___________________________

・日時 :平成29年2月19日(日)7:30〜9:00

・会場 :コメダ珈琲店 塩尻広丘店
http://www.komeda.co.jp/search/shopdetail.php?id=564

     ※JR広丘駅から徒歩5分。国道19号線沿いですので
       車でお越しの方も見つけやすい場所です。
     ※駐車場あり

・参加料:飲食費のみ
・持ち物:筆記用具、ノート、(あれば)自己紹介用の名
・参加資格:無し 
      どなたでもご参加いただける企画となっております。
 
◆毎回テーマは変わりますので、連続でご参加いただく必要はごあいません。
これまで参加経験が無い方も、そういえば最近いってないな〜というかたもお気軽に ご参加ください。

 ※初めてで不安なようでしたら、事前にご連絡いただければ待ち合わせも可能です。直前にフェイスブック経由でメッセージをいただけると、お互いに気づきやすいです。
また、電車でお越しの方は駅からの送迎もいたします。

◆年齢制限もありません。社会人の方、学生の方、どなたも歓迎いたします。現在の参加者年齢は2歳〜70歳代、参加人数は4~6人ほど(過去最大12人)が出席されています。

◆これまで参加されている方の職種は製造業・サービス業・管理職・主婦、医師・クリエイター、研究職、コンサルタントの 方など。男女比は2:1くらいです。

◆活動風景を記録に残すため、朝活中に写真撮影をさせていただきます。写真はちょっと・・・という方がいらっしゃいましたら、事前にお知らせいただければ幸いです。

朝起きて何してますか?

 

asanagano.hatenablog.com

 

3連休は自宅で家族と過ごしつつ、、、などと考えていましたが、蓋を開くといつもどおり。友人と遊んだり、合気道の練習が始まったりと、年始と特別扱いするほどの違いの無い日々を過ごしています。

 

今日の話題はこれ、

早起きして、何します?

 

このサイトでは、毎月開催している朝活イベントの告知・報告をしています。そのため、朝活という言葉が、何か、催しもの、人が集まるイベントを指すように捉えられがちです。確かに、辞書などで定義されている言葉ではないので、そう使われている場合も考えられます。

 

私が普段朝活という言葉を使う時には、

「朝活」すなわち、人が集まる催し、に限るものではありません。

 

 1 朝起きて

 2 何かしらの活動を

 3 「自分から」すること

 

これに当てはまれば、全部朝活だと思っています。ですので、近くに同じ習慣を持っている人がいなくても、イベントが開催され無くても、朝活は出来るものです。

というわけで、「もし朝1時間早起きしたら、自分ひとりで何ができるか」ちょっと朝の時間を想像してみます。

 

積ん読(いつか読もうと思っていた本が溜まっていること)

愛好家の人でしたら、その時間で読書が進みます。

特に、ちょっと時間をまとめて取りたいような重い本なんかは、集中できて良いですね。

私の場合は、プロジェクト・マネジメントについての本。最近ですと「方法序説」は朝方を中心に読んでました。マンガという手もあるんですが、普段昼間でも軽く読めてしまう本だと、ちょっともったいない。「ながら読み」だと全く頭に入らないような本がおすすめです。

 

・ジョギング(仕事がある日は3〜5km位)

夏場、特に感じること、それが熱気と蒸し暑さです。

夏場は昼間走ろうとすると、日差しと暑さに身体も心も折られます。汗が吹き出しすぎて、その後のシャワーどうしようか?とか、着替え用意したっけ?とか、無駄に考えることが増えてしまうんです。

その点、朝方だと、7、8月でも快適。余程ペースを上げなければ汗だくになることもありません。

ちなみに、、、冬は、あまりオススメできません。私は山国長野県住まいなので、特に冬場の朝は出歩くのは難しいです。通勤時ですら、ツルッと転ばないようにするのが精一杯です。残念。

 

・ブログなど、文章を書く時間

これが一番体感できる良いところ。メールも電話もなく、家族もみんなスヤスヤ時間だと、自分の考えを一人で深められるベストなタイミングです。

創作活動という点でいうと、次の作家さんたちは創作は朝方だそうです。

  ・アーネスト・ヘミングウェイ老人と海」の有名作家さん

  ・トニ・モリスン 大学時代に「青い目がほしい」という本に初めて触れました

日本人ですと、村上春樹さんや浅田次郎さんは早起き作家さんで調べると良く名前が出てくるようです(本に親しんでしないため、お名前だけ)

 

私が普段していることはこの3つですが、料理が好きな人、音楽が好きな人にとっても、もっと「自分らしく」使える、大切な一時間になることは想像に難くありません。

 

繰り返しになりますが、朝の一時間は、他の人からの干渉が一番少ない時間です。

なので、「な〜んとなく、いつも通りに過ごしてしまう」のも自分次第だし、「有意義に、自分がいちばんやりたいことに時間を使える」のも自分の判断よりけり。うまく使えれば、これまでの生活習慣がガラッと変わる経験に驚くと思います。

 

では、昼間は全く自分らしく生きられないの?と言われると、そこまで強い意見を言うつもりはありません。

もちろん朝から夜まで、自分の価値観を大切に、有意義に過ごせる方もいらっしゃると思います。

今回の話で、少し心を動かして欲しいのは、仕事中や学校で、なんか自分のしたいことがまだできていないな〜と思った人、数年後こんなことがしたい!と意気軒昂な人です。

なかなか自分の経験を伝えきるのは難しいのですが、ぜひこの1時間で、生活を自由にするきっかけに出会ってください。

 

朝は前の晩より賢い 〜ロシアのことわざ

 

 

朝活をしている「塩尻市」という町

私が毎月朝活をしている、塩尻市(私が住む町)の話です。

長野県外の方もこちらをご覧になるかもしれないかな〜と思い、ちょっとわが町紹介です。

塩尻市 - Wikipedia

 

塩尻市は、長野県の中央、松本市のすぐ南に位置します。人口は現在約7万人弱。小さい町ですね。町おこしのテーマでは、ワイン産業と、和歌(短歌?)だそうです。ワインは大きなイベントがよくあるので、自覚ががあるものの、和歌は・・・わかりません。

 

さて、字面だけでしたら上記のWikipediaみといて!で済んでしまいますので、実際に生活している、塩尻の良い所を3つ、ご紹介します。

 

1つめ 東西のアクセスが良い

 

 いきなり市外の話題から持ちだしてみました。でも、長年住みながら、仕事でもプライベートでも遠方に行きたい方にはとても大切なポイントです。

 塩尻市を起点に、東京方面(特急あずさ)、名古屋方面(特急しなの)が東西にわかれていくため、どちらにも足を運びやすいのです(同じ特急で長野市方面にも向かえます)

 電車であれば、こういった手段が使えますし、高速道路の沿線でもあるので、自家用車、高速バスのアクセスも良く、飛行機以外の利便性に優れています。

 

2つめ 「地方の大都市、の2番手」というゆっくりした空気

 先にお伝えしたとおり、人口24万人を超える松本市のすぐ南に位置しています。

 ですので、買い物をしたい時には車で15分行けば、基本的なものはすべて見つけることができます。この利便性ですので、塩尻に住み、松本で働くという方も数多くいらっしゃいます。かくいう私も、昼間は松本で働いている1人。

 大きい町で働きながら、仕事が終わったらこじんまりした、でも人気(ヒトケ)がそれなりにある町に帰る。こんなライフスタイルが楽しめます。

 

 私が好きな、曹洞宗のお坊さんで、小池龍之介さん、という方がいらっしゃいます。

 お坊さんという立場柄、お葬式以外ではお近づきになるイメージがなかったのですが、良い意味でその立場にそぐわない、フランクな書き口が特徴です。

 軽快な言葉遣いで仏教の考えを著してくださる方です。

 その方が著書の中で、「住む家の場所はどこが良い、どこが悪い、というものではない。でも、もし選べるとするならば『静かな場所』に住みたい」といった話をしていました。

 この意見にとても賛成しています。人がたくさんいるところは楽しい。なので、レジャーで楽しんだり、人と集まるには最適です。その後、家に帰ってゆっくりするときには、逆に静かな環境でいたいと思っています。

 

 その点、塩尻市はちょっと違う空気が流れる町です。少子高齢化の影響?と考えると悪く聞こえるかもしれませんが、「足りないくらいがちょうどいい」という気持ちです。

 

3つめ 公民館?図書館?のクオリティがすごい I LOVE えんぱーく!

 

 私、えんぱーくという建物が好きです。

enpark.info

 これは塩尻駅前にある、塩尻市民交流センターのこと。イベントが開催出来る会議室と、フリースペース、市立図書館が合体した複合施設です。

 この建物(とそれを取り巻く市民団体)のデザインや考え方がとても魅力的で、あまりに好きすぎて、転職する際に、塩尻に永住する一因になったと自覚しています。

 

ここが良いよ!えんぱーく

 

 ・図書館の蔵書量が多いのはもちろん、作りが良く、子供を連れたスペースと、大人が1人で来た場合のスペース、学生が勉強するスペースがそれぞれ確保されている。お互いに邪魔し合わないデザインが素敵。

 ・フリースペース1階から3階までそこらじゅうにあり、試験前には学生が大挙して押し寄せる他、市民の方も小さな集まりに利用している。土日はイベントが毎週のようにあり、「街中の人が集まっている」錯覚を覚えるほど(目の前の人通りがそれほど多くないのでなおさらです)まさに市民生活の中心地になっている。素敵。

 

 ・市内にある市民団体の活動場所になっていることが多く、仕事・家庭以外の「第三の場所を見つけるのに最適。素敵。

 

 ちなみに、私は、「信州アルプス大学」という市民大学に参加し、授業のお手伝いや、実際に講師を担当させてもらいました。 

 活動場所が集中しているため、町中の市民活動に関心がある人達と出会える機会がとても多いのが特徴です。

www.alps-univ.net

 

もっともっと書きたいところですが、冗長ににならぬよう、今回はこの3点でご紹介させていただきました。

 

1つめ 東西のアクセスが良い

2つめ 「地方の大都市、の2番手」というゆっくりした空気

3つめ 公民館?図書館?のクオリティがすごい I LOVE えんぱーく!

 

「みんな塩尻に遊びに来て来て!」というおすすめをしたい気持ちよりは、「終の住まいにするには、いいところだよ!」という利用者レビューをお伝えしたい心持ちが強くあります(ちなみに私、市役所の人じゃないですよ)

  朝活とは何にも関係ありませんが、塩尻のこと、ちょっと知っていただけると嬉しいです。

 

 

ブログの中身を2つに分けました

 

こんにちは、与曽井です。年末の大掃除のタイミングに、ブログやSNSの中身も一度整理してみました。

 

数年前から続けていたこちらのサイトも、内容が少しバラバラに。読んでいる方に雑な伝え方になっていたと思います。

gamification.hatenablog.com

というわけで、コンテンツを2つに分け、「朝活・長野(特に松本市塩尻市)コンテンツ」と、自分の興味関心が高い内容でブログを作成しました。

 

ご興味いただけるブログをぜひご覧ください。

 

2019年1月15日(日)第66回 朝活@長野 トークゲーム会

こんにちは、主催の与曽井です。

今日は、地元の餅つき大会に参加してきました。
大人になって初めての経験、杵の重さに振り回されました
明日の筋肉痛が怖いです(いや、明後日でしょうか)

さて、新年、1月の朝活@長野ご案内します!
今回はトークゲームで、楽しくおしゃべりしましょう!

あと、2017年からですが、「場所や時間が合わなくて参加できない!」という方向けにちょっと時間を遅らせた開催も考えています。また具体的な案が決まりましたらこちらでご連絡しますね!

〜トークゲームとは〜

・参加者が持ち回りで、決められたテーマについて
 話す遊びです。

・テーマはその場でカードを1枚引いて決めます。
 例えば、
 「昨日何食べた?」
 「好きな映画は?」といったものから、
 「〜さんについて3つ教えてください」
 「あなたの失敗談を教えてください」
 「身近にあるグッズにから話を膨らませてください」などなど。
 
 ただ聞くだけではなく、全員で参加し、話を盛り上げる
 2時間です。

※最後の「身近にある…」というやり方は喜劇王
チャップリンが晩ごはんあとの余興で、友人とやっていた
遊びなのだそうです。

 話す人、テーマが変わるので、同じ話になることは
 一度もありません。何回やっても新鮮な話題が飛び出します^^

〜こんないいところがあります:)〜

1 即興トークなので、頭フル回転!朝から頭がスッキリします。

2 少人数で数分のトークですので、「もっと話し方をうまくしたいな〜」という方にもってこいです。 

3 自分の知らない話が盛りだくさん!メモして変えれば、自分の生活がさらに充実します。

4 職場や学校以外の人間関係が深まります。毎月が新しい出会いと発見です。

5 お食事以外は参加無料!お休みのご予定の前に気軽に参加できます。

休みの朝から頭を回転させたい方。
話し方をレベルアップさせたい勉強家。
人前で話すのが苦手!という方が慣れるための場とし。
俺(私)の話を聞いて〜!という内容が溜まっている方。
ご参加お待ちしております:)

___________________________

・日時 :平成29年1月15日(日)7:30〜9:00(途中参加・退出可能です)
・会場 :コメダ珈琲店 塩尻広丘店
http://www.komeda.co.jp/search/shopdetail.php?id=564

     ※JR広丘駅から徒歩5分。国道19号線沿いですので
       車でお越しの方も見つけやすい場所です。
     ※駐車場あり

・参加料:飲食費のみ
・持ち物:筆記用具、ノート、(あれば)自己紹介用の名
・参加資格:無し 
       以前参加された方を中心に招待をしております。
      どなたでもご参加いただける企画となっております。
 
◇関連記事

asanagano.hatenablog.com

 



◆毎回テーマは変わりますので、これまで参加経験が無い方も、そういえば最近いってないな〜というかたもお気軽に ご参加ください。

 ※初めてで不安なようでしたら、事前にご連絡いただければ待ち合わせも可能です。直前にフェイスブック経由でメッセージをいただけると、お互いに気づきやすいです。
また、電車でお越しの方は駅からの送迎もいたします。

◆年齢制限もありません。社会人の方、学生の方、どなたも歓迎いたします。現在の参加者年齢は2歳〜70歳代、参加人数は4~6人ほど(過去最大12人)が出席されています。

◆これまで参加されている方の職種は製造業・サービス業・管理職・医師・クリエイター、研究職、コンサルタントの 方など。男女比は3:1くらいです。

◆活動風景を記録に残すため、朝活中に写真撮影をさせていただきます。写真はちょっと・・・という方がいらっしゃいましたら、事前にお知らせいただければ幸いです。

12月11日(日) 第65回 朝活@長野 オシホン!

おはようございます、與曽井です。


11月の朝活はカンバセーション・ダイスを使った話で盛り上がりました。

即興トークなんですが、、、みなさんあっという間にネタを見つけるでの話がとまることが殆ど無く、あっという間の2時間でした。

 

さて、今年最後の朝活は12月11日(日)を予定しています。
今回は少しテーマを絞って、オシホン紹介!
今年読んだ中で一番オススメしたい本をシェアしましょう

ジャンルは問いません。ビジネス本から、漫画、写真集ま
なんでもありです。みなさんの一冊、お待ちしています。

 

・・・・

ちなみに、ここ最近で私が読んだ本でオススメしたいのは、この1冊です。

太平洋戦争中の有名な戦い(ミッドウェーやガダルカナルなど)を取り上げ、

「なぜ日本軍は負けてしまったのか?」原因を分析した研究書です。

 

ここだけですと、軍事研究書のように読解されてしまいがちです。しかし、この本の興味深い点は、そのアプローチの仕方にあります。

 

軍事史を専攻されている方に交え、主に組織論を畑とする研究者の方が数多く執筆されています。

そして装備の不備や戦術の不味さ以上に、「なぜ組織としてそういった不味い戦術を繰り返してしまったのか?」、「なぜ『誰もが失敗する』とわかっている作戦を敢行してしまったのか。チームとしての課題に深く切り込んだ分析が多分に行われています。

そのため、軍隊・戦争の失敗研究なのに、会社・マーケティングの失敗例として、とても役に立つテキストに仕上がっています。

そもそもこの本の名前を教えていただいたのも、ミリタリーに関心がある方、ではなく、コンサルタントの方からのご紹介でした。

数千、数万という「集団」が目的に向かう活動。そういう点でビジネスに多いに転用できる作品です。特にサラリーマンの方に読んでいただきたいです。

・・・・

 

___________________________

・日時 :平成28年12月11日(日)7:30〜9:00(途中参加・退出可能です)
・会場 :コメダ珈琲店 塩尻広丘店
http://www.komeda.co.jp/search/shopdetail.php?id=564

     ※JR広丘駅から徒歩5分。国道19号線沿いですので
       車でお越しの方も見つけやすい場所です。
     ※駐車場あり

・参加料:飲食費のみ
・持ち物:オススメの本1冊〜、筆記用具、ノート、(あれば)自己紹介用の名刺
・参加資格:無し 
       以前参加された方を中心に招待をしております。
      どなたでもご参加いただける企画となっております。
 


◆毎回テーマは変わりますので、これまで参加経験が無い方も、そういえば最近いってないな〜というかたもお気軽に ご参加ください。

 ※初めてで不安なようでしたら、事前にご連絡いただければ待ち合わせも可能です。電車でお越しの方は駅からの送迎もいたします。

◆年齢制限もありません。社会人の方、学生の方、どなたも歓迎いたします。現在の参加者年齢は2歳〜70歳代、参加人数は4~6人ほど(過去最大12人)が出席されています。

◆これまで参加されている方の職種は製造業・サービス業・管理職・医師・クリエイター、研究職、コンサルタントの 方など。男女比は3:1くらいです。

◆活動風景を記録に残すため、朝活中に写真撮影をさせていただきます。写真はちょっと・・・という方がいらっしゃいましたら、事前にお知らせいただければ幸いです。

11月13日(日) 第64回朝活@長野トークゲーム会

おはようございます、主催の与曽井です。
めっきり寒くなって普段着る服装が一気に変わりましたね
クールビズが何より好きな私としては、残念な限りです。

さて、寒くなった11月の朝活@長野ご案内します!
テーマはトークゲーム。ちょっと小物を使いながら
小話をする。朝から頭フル活用の集まりです。

また、今回はちょっと小道具を追加します。お楽しみに!

〜トークゲームとは〜

・参加者が持ち回りで、決められたテーマについて
 話す遊びです。

・テーマはその場でカードを1枚引いて決めます。
 例えば、「昨日何食べた?」「好きな映画は?」といっ
 ものから、「〜さんについて3つ教えてください」
 「あなたの失敗談を教えてください」「身近にあるグッズにから話を膨らませてください」などなど。
 ただ聞くだけではなく、全員で参加し、話を盛り上げる
 2時間です。

※最後の「身近にある…」というやり方は喜劇王
チャップリンが晩ごはんあとの余興で、友人とやっていた
遊びなのだそうです。

 2016年から始めましたが、話す人、テーマが変わるので、同じ話になることは一度もありません。何回やって
新鮮な話題が飛び出します^^

〜こんないいところがあります:)〜

1 即興トークなので、頭フル回転!朝から頭がスッキリします。

2 少人数で数分のトークですので、「もっと話し方をうまくしたいな〜」という方にもってこいです。 

3 自分の知らない話が盛りだくさん!メモして変えれば、自分の生活がさらに充実します。

4 職場や学校以外の人間関係が深まります。毎月が新しい出会いと発見です。

5 お食事以外は参加無料!お休みのご予定の前に気軽に参加できます。

休みの朝から頭を回転させたい方、
話し方をレベルアップさせたい勉強家、
俺(私)の話を聞いて〜!という内容が溜まっている方。
ご参加お待ちしております:)
___________________________

・日時 :平成28年11月13日(日)7:00〜9:00(途中参加・退出可能です)
・会場 :コメダ珈琲店 塩尻広丘店
http://www.komeda.co.jp/search/shopdetail.php?id=564

     ※JR広丘駅から徒歩5分。国道19号線沿いですので
       車でお越しの方も見つけやすい場所です。
     ※駐車場あり

・参加料:飲食費のみ
・持ち物:筆記用具、ノート、(あれば)自己紹介用の名
・参加資格:無し 
       以前参加された方を中心に招待をしております。
      どなたでもご参加いただける企画となっております。
 


◆毎回テーマは変わりますので、これまで参加経験が無い方も、そういえば最近いってないな〜というかたもお気軽に ご参加ください。

 ※初めてで不安なようでしたら、事前にご連絡いただければ待ち合わせも可能です。電車でお越しの方は駅からの送迎もいたします。

◆年齢制限もありません。社会人の方、学生の方、どなたも歓迎いたします。現在の参加者年齢は2歳〜70歳代、参加人数は4~6人ほど(過去最大12人)が出席されています。

◆これまで参加されている方の職種は製造業・サービス業・管理職・医師・クリエイター、研究職、コンサルタントの 方など。男女比は3:1くらいです。

◆活動風景を記録に残すため、朝活中に写真撮影をさせていただきます。写真はちょっと・・・という方がいらっしゃいましたら、事前にお知らせいただければ幸いです。