読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

朝から始めよう!朝活@長野

与曽井といいます。月1回、長野県は松本・塩尻市で開いているローカル朝活の紹介・告知をしています。地元の方、朝活に興味がある方どうぞどうぞ^^

12月11日(日) 第65回 朝活@長野 オシホン!

おはようございます、與曽井です。


11月の朝活はカンバセーション・ダイスを使った話で盛り上がりました。

即興トークなんですが、、、みなさんあっという間にネタを見つけるでの話がとまることが殆ど無く、あっという間の2時間でした。

 

さて、今年最後の朝活は12月11日(日)を予定しています。
今回は少しテーマを絞って、オシホン紹介!
今年読んだ中で一番オススメしたい本をシェアしましょう

ジャンルは問いません。ビジネス本から、漫画、写真集ま
なんでもありです。みなさんの一冊、お待ちしています。

 

・・・・

ちなみに、ここ最近で私が読んだ本でオススメしたいのは、この1冊です。

太平洋戦争中の有名な戦い(ミッドウェーやガダルカナルなど)を取り上げ、

「なぜ日本軍は負けてしまったのか?」原因を分析した研究書です。

 

ここだけですと、軍事研究書のように読解されてしまいがちです。しかし、この本の興味深い点は、そのアプローチの仕方にあります。

 

軍事史を専攻されている方に交え、主に組織論を畑とする研究者の方が数多く執筆されています。

そして装備の不備や戦術の不味さ以上に、「なぜ組織としてそういった不味い戦術を繰り返してしまったのか?」、「なぜ『誰もが失敗する』とわかっている作戦を敢行してしまったのか。チームとしての課題に深く切り込んだ分析が多分に行われています。

そのため、軍隊・戦争の失敗研究なのに、会社・マーケティングの失敗例として、とても役に立つテキストに仕上がっています。

そもそもこの本の名前を教えていただいたのも、ミリタリーに関心がある方、ではなく、コンサルタントの方からのご紹介でした。

数千、数万という「集団」が目的に向かう活動。そういう点でビジネスに多いに転用できる作品です。特にサラリーマンの方に読んでいただきたいです。

・・・・

 

___________________________

・日時 :平成28年12月11日(日)7:30〜9:00(途中参加・退出可能です)
・会場 :コメダ珈琲店 塩尻広丘店
http://www.komeda.co.jp/search/shopdetail.php?id=564

     ※JR広丘駅から徒歩5分。国道19号線沿いですので
       車でお越しの方も見つけやすい場所です。
     ※駐車場あり

・参加料:飲食費のみ
・持ち物:オススメの本1冊〜、筆記用具、ノート、(あれば)自己紹介用の名刺
・参加資格:無し 
       以前参加された方を中心に招待をしております。
      どなたでもご参加いただける企画となっております。
 


◆毎回テーマは変わりますので、これまで参加経験が無い方も、そういえば最近いってないな〜というかたもお気軽に ご参加ください。

 ※初めてで不安なようでしたら、事前にご連絡いただければ待ち合わせも可能です。電車でお越しの方は駅からの送迎もいたします。

◆年齢制限もありません。社会人の方、学生の方、どなたも歓迎いたします。現在の参加者年齢は2歳〜70歳代、参加人数は4~6人ほど(過去最大12人)が出席されています。

◆これまで参加されている方の職種は製造業・サービス業・管理職・医師・クリエイター、研究職、コンサルタントの 方など。男女比は3:1くらいです。

◆活動風景を記録に残すため、朝活中に写真撮影をさせていただきます。写真はちょっと・・・という方がいらっしゃいましたら、事前にお知らせいただければ幸いです。